DTM

SynthMasterの使い方⑤【KV331 Audio】

どんどんも、クマ殿(@kuma_dono)です。

SynthMasterの使い方シリーズ、5記事目です。

この記事ではSynthMasterのFilter、Modulation Sourceについて解説していきます。

SynthMasterの使い方⑤

Filter設定

赤枠から2つあるFilterを切り替え。

緑枠からはアルゴリズムを選択します。

アルゴリズムによって使用できるFilterの種類も変わってきます。

水色枠にはCutoffなど基本的なパラメーター。

KeyTrackノブは0%〜100%の範囲で設定可能。

これを100%にするとCutoff周波数がMIDIノート(鍵盤)に完全に連動して変化、0%だと常に一定のCutoff周波数になります。

KeyTrackノブは通常100%で使用します

そして、黄色枠にあるPreGain、DriveではFilter入力を増幅させて歪みを発生させます。

赤枠でどこにDistortionを置くのか、ルーティングを設定。

緑枠部分には現在選択しているアルゴリズムで使用できるFilter Typeが表示され、クリックして切り替えできます。

水色枠からはフィルターの非線形性(Nonlinearities)をBasic、Normal、Highから選択。

これはCutoff周波数あたりでの位相のズレに関するもの。

Highにすれば、ズレを小さくできますがCPU負荷も大きくなるります。

たいていの場合、Basicでいいはず。

黄色枠のAcidを有効にすると、Cutoff周波数とレゾナンスの動きが連動するようになります。

Cutoff周波数が大きくなればレゾナンスも大きくなるという感じで。

ピンク枠ではFilter Curveを編集します。

Filterの種類

LP(Low Pass)


赤枠をクリックしてLPを選択。

これは指定したCutoff周波数より高い部分を処理するもの。

Low Passなので、その言葉の通りCutoff周波数よりLowはPassしHighは処理するってことですね。

緑枠から緑矢印部分のSlope角度を2種類(24dBの方が急)から選択。

水色枠のBoostを有効にすると、レゾナンスの増加によるGain低下が補正されます。

HP(High Pass)


赤枠からHPを選択。

これはLow Passとは逆で、設定したCutoff周波数より低い部分を処理します。

その他はLow Passと同じ。

BP(Band Pass)

赤枠からBPを選択。

これは設定したCutoff周波数のLow側とHigh側を処理。

Cutoff周波数周辺はPassします。

BS(Band Stop)


赤枠からBSを選択。

これは設定したCutoff周波数周辺だけ処理するというもの。

Band Passの逆パターンのようなイメージです。

LS(Low Shelf)


赤枠からLSを選択。

これはCutoff周波数よりLow側をまとめて持ち上げたり、下げたりという処理をします。

Shelfは棚という意味なので、Lowを棚のように持ち上げるイメージでしょうか。

HS(High Shelf)


赤枠からHSを選択。

これはCutoff周波数よりHigh側をまとめて持ち上げたり、下げたりという処理をするもの。

PK(Peaking)


赤枠からPKを選択。

これはBand Passと似ていますよね。

実際に両者を比較してみたら違いが分かりますが、どちらを使用するかは好みだと思います。

仕組みとしてはBand Pass処理された信号を入力信号に付加するっていうもの。

マルチシャンシャン
マルチシャンシャン
今年ももう半分終わったね
クマ殿
クマ殿
せやな、ブログ始めてもうすぐ1年や
マルチシャンシャン
マルチシャンシャン
Oh!We are animal blogger!

Multi


赤枠からMultiを選択。

これは緑枠のModeノブを回すことによってFilter形状がLow PassからHigh Passへと徐々に変わっていくタイプのもの。

Dual

赤枠からDualを選択。

これは前述のMulitを2つ組み合わせて使用するもので、緑枠にある2つのModeノブをいじることでFilter形状がMultiよりもさらに複雑に変化していきます。

それぞれのCutoffをいじることで、さらに細かい設定も可能。

水色枠では2つのFilterのMix比率を変更。

黄色枠からは2つのFilterの並列、直列の程度をコントロールします。

Comb


赤枠からCombを選択。

Combはクシ(髪をとくクシ)という意味で、緑枠のFeedbackでクシの形を変更。

水色枠からはFeedback回路のLow Pass FilterにおけるCutoff周波数を変更できます。

いじって調整してみてくんろ。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

Modulation Sourceの設定


赤枠部分に各Modulation Sourceが表示されています。

この中から好みのModulation Sourceを割り当てたいノブにドラッグ&ドロップすることで簡単に割り当てができるというもの。

ちなみにグレー表示されているもの(この画像ではADSR1)の設定画面が表示されています。


赤矢印のように各Modulation Sourceをクリックして、どの設定画面を表示するのか変更できます。

Modulation Sourceの種類

ADSR Envelope

例として赤枠からADSR1を選択。

緑枠内にはADSR設定おなじみのパラメーター。これをいじってEnvelope形状を変えていきます。

水色枠ではEnvelopeの適用量を決定。

黄色枠のBitsからはBit Depthを調整(Envelope波形を徐々に壊れた感じにして出力)、DriftではEnvelope出力をわずかにLFOでModulationできます。

赤枠を有効にするとEnvelope波形が丸みを帯びたようなアナログっぽい感じに。

緑枠を有効にするとEnvelope波形が一度だけ実行されます。

Multistage Envelope

赤枠からMSEG1を選択。

これは多段式のEnvelope。

緑枠のStagesから何段にするか選択、Loop StartとLoop EndでLoopの開始と終了のセグメント(グラフに表示されている四角い点)を設定。

さらにLoopsからLoop回数を選択。

水色枠からはEnvelopeの長さと量の設定ですね。

Voice LFO


赤枠からVLFO1を選択。

これはGlobal LFOとは違い、各Voiceに対しても使用できるもの。

緑枠から基本波形を選択。

水色枠のSyncを有効にするとDAWのテンポに同期するようになります。

その隣の黄色枠では拍子を選択、ピンク枠では黄色枠で設定した拍子で何回波形を再生するのかを設定。

例えば、黄色枠で1/4、ピンク枠で1を選択すれば、1/4小節で1回波形が再生されるみたいな。

Syncを有効にしていないとこの機能は使えないので必ずOnにしましょう

オレンジ枠のFreeを有効にすると、波形開始の位相がランダムなものとなります。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

Osc(LFOも含む)はほとんどの場合、振幅変化を+1〜 -1の範囲内(Bipolar)の値を生成することによって表現します。

これとは別にUnipolarというものがあり、これは+1〜0の範囲内。

このVoice LFOはデフォルトではUnipolarとなっていますが、赤枠をクリックして有効にするとBipolarへと切り替えることが可能。

聴きながらこれらを切り替えて音の変化を確認してみてください。

緑枠では振動の速さをSpeedノブ、振幅をVolumeノブ、位相調整をPhaseノブで行い、NoiseノブではNoise音量を調整。

水色枠ではDelay TimeやRelease Timeなどの設定。

赤枠のStepを選択。

緑枠のStepsで全Step数(この画像では8つ)、Loopで何番目のStepから開始するのかを選択。

ちなみに終了Stepを指定することはできず、あくまでも開始Step(この画像では緑矢印の3番目)から最後のStep(この画像では8番目)までが再生されます。

水色矢印のように丸をドラッグすることでStepの傾斜を変更することができ、また、黄色矢印のようにStepの高さを変更するにはマウスホイールを使用します。

赤枠からGlideを選択。

このGlide LFOとStep Lfoとの違いは赤丸のように、あるStepの終了値が次のStepの開始値となる点。

5番目のStepの終了値がそのまま6番目のStepの開始値となっていますね。

赤枠からDualを選択。

これは緑枠にある上の波形に下の波形を合成したものを使用するというもの。

水色枠に合成された波形が表示されます。

波形の変更は黄色枠内の矢印をクリックするか、黄色矢印のように波形表示部分をクリックして表示されるドロップダウンリストから可能。

今回は赤枠のようにSquare波を選択してみます。

すると赤枠部分にSquare波が表示されます。

緑枠のXfadeノブを回していくと、徐々に波形が合成され水色枠内の波形が変化していくのが分かります。

黄色枠はSample&Holdノブ。

Sample&Holdとは、Hold信号が入力された時に波形の値を保持し、次のHold信号が入力されるまでその値を保持するというもの。

このノブを回してトリッキーな効果を得ることができます。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

Global LFO


赤枠からSLFO1を選択。

これは通常のLFOで、緑枠からRetriggerを有効にできます。

Keyscaler

赤枠からKYSC1を選択。

これはMIDIノートナンバーに基づいてパラメーターを変更するもの。

赤矢印のようにクリックするとグラフを変更できます。

赤丸のようにポイントが作成され、グラフが変化します。

このポイントは最大で16個まで作成でき、右クリックで削除可能。

2D Envelope

赤矢印部分をクリック。

この2D EnvelopeはMultistage Envelopeと似ていますが、XとYの出力があるのが特徴。

今回は赤枠のように2D1Xを選択。

赤枠からStage数、Loop回数、Loop開始と終了のセグメントを設定。

緑枠にはEnvelopeの状態がグラフ表示されます。

水色枠では各Stageの時間的長さを水色矢印のようにドラッグして調整します。

はい、今回はこんな感じ。

やっとここまで来ましたが次回で完結予定です、たぶん。

そんな感じー、ばいちゃー。

SynthMasterのご購入はこちら

Audio Plugins from Pluginboutique.com
SynthMasterの使い方①【KV331 Audio】SynthMasterの使い方を知りたいですか?この記事ではSynthMasterの使い方(Preset、Settingの変更、MIDI Learnの設定)を詳しく解説しています。この記事と続編記事を読んでSynthMasterの使い方をマスターしましょう。...
SynthMasterの使い方②【KV331 Audio】SynthMasterの使い方を知りたいですか?この記事ではSynthMasterの使い方(Modulationの設定、Easy Parameterへの割り当て)を詳しく解説しています。この記事と関連記事を読んでSynthMasterの使い方をマスターしましょう。...
SynthMasterの使い方③【KV331 Audio】SynthMasterの使い方を知りたいですか?この記事ではSynthMasterの使い方(Layer画面、Routing設定)を詳しく解説しています。この記事と関連記事を読んでSynthMasterの使い方をマスターしましょう。...
SynthMasterの使い方④【KV331 Audio】SynthMasterの使い方を知りたいですか?この記事ではSynthMasterの使い方(Oscillator設定、Modulator設定)を詳しく解説しています。この記事と関連記事を読んでSynthMasterの使い方をマスターしましょう。...
SynthMasterの使い方⑥【KV331 Audio】SynthMasterの使い方を知りたいですか?この記事ではSynthMasterの使い方(Effectについて)を詳しく解説しています。この記事と関連記事を読んでSynthMasterの使い方をマスターしましょう。...
SynthMasterの使い方⑦【KV331 Audio】SynthMasterの使い方を知りたいですか?この記事ではSynthMasterの使い方(Arpeggiatorについて)を詳しく解説しています。この記事と関連記事を読んでSynthMasterの使い方をマスターしましょう。...