DTM

SynthMasterの使い方⑦【KV331 Audio】

どんも、クマ殿(@kuma_dono)です。

SynthMasterの使い方シリーズ、7記事目。

完結編です。

倒れそうですた、でも書きますた。

この記事ではSynthMasterのArpeggiatorについて解説していきます。

SynthMasterの使い方⑦

Arpeggiator設定

まず赤枠のArpを選択。

すると、こんな感じの画面になります。

緑枠ではVolume、Duration、Swing(各ステップの長さに変化をつける)を設定します。

実際の音の長さは、Duration × BaseTime × Step Length(各ステップの長さ)で決まります

ちなみにStep VolumeとStep Lengthはグラフ画面から直接、上下左右にドラッグして決定します。

次に水色枠、ここでは動作Modeを選択。

黄色枠からは音の移動範囲をオクターブ数(最大4オクターブ)で選択、さらに何ステップ(最大32ステップ)で構成するのかも設定します。

ピンク枠では、先に述べたようにBaseTimeを設定。

ここで選択したものはDAWのテンポに同期します。

オレンジ枠ではMIDIノートのOn、OffメッセージのVelocityを選択。

以下の4つからどれを選択するかによって、Velocityの生成方法が変わります。

StepVolume × Step Volumeで算出
Note入力されたVelocityをそのまま使用
Step+Note入力されたVelocity + Volume × Step Volumeで算出
Step×Note入力されたVelocity × Volume × Step Volumeで算出

 

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

基本Modeについて


ここでは赤枠で示した基本的なModeについて説明していきます。

Up


これは2オクターブの範囲内で赤矢印のように下から上へ順番(C2→D#2→G2)にノートを演奏するMode。

2オクターブに達したり8ステップ演奏し終えたら、また最初(C2)に戻って演奏を繰り返します。

Down


このModeでは、Upと逆の動作をします。

Up+Down


このModeではまずUpと同じ動作をしていき、2オクターブに達すると、今度はDownの動作へ移行。

8ステップ演奏し終えたら、また最初(C2)に戻ります。

Up+Down2


このModeはUp+Downとほぼ同じですが、最初と最後のノートが2回繰り返されるという点だけが異なります。

マルチシャンシャン
マルチシャンシャン
もう8月になっちゃった、クマ殿は帰省するの?
クマ殿
クマ殿
帰省するで。九州新幹線で熊本へ〜
マルチシャンシャン
マルチシャンシャン
Oh!Yappari Kumamoto Dattanoka!
クマ殿
クマ殿
馬食ってくる!熊本美人もナンパしてくるで!
マルチシャンシャン
マルチシャンシャン
Oh! Anatawa Yokubouno Katamari Desuka?

Down+Up

これはUp+Downと逆の動きをするMode。

Down+Up2

このModeではUp+Down2と逆の動きをします。

Chord

これはコードを一つの単位として演奏するMode。

画像のようにコード(ここではCm)を一つの単位としてステップを演奏し、演奏を終えると、ステップは最初の位置に戻り、次は1オクターブ上のものが演奏されます。

As Played

このModeでは、ノートが入力された順に再生されます。

よって赤枠部分をクリックしてノートを記録するっていう感じではありません。

緑枠で選択したオクターブごとに、ノートが入力された順に再生。

例えば、Cm(C,D#,G)だと転回などしていなければ音程は低い方からC→D#→Gですが、C→G→D#と入力すれば、その順で再生されるってことです。

As Playedっていう意味そのまんま。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

Arpeggiate Modeについて


ModeからArpを選択。

これは自由にアルペジオを設定できるMode。

コードはCm(C,D#,G)、Rangeは2オクターブとして解説します。

赤枠には、コード構成音のどれを使用するのかが示されています。

緑枠の矢印をクリックして赤枠部分の表示を上下スライドできます。


Rangeが2オクターブなので、画像のように赤丸が示すC2,D#2,G2、緑丸が示す1オクターブ上のC3,D#3,G3の合計6つのノートを使用することになります(それ以外のノートは使用しません)。

1st一番目のノートを使用
2nd二番目のノートを使用
3rd三番目のノートを使用
last指定したRangeで一番最後のノートを使用
-1直前のステップのノートの1つ下のノートを使用(直前がG3ならD#3)
-2直前のステップのノートの2つ下のノートを使用(直前がG3ならC3)
0直前のステップと同じノートを使用
Rndランダムにノートを選択して使用

赤枠のSlideをOnにしているステップは、次のステップにかけて音程が滑らかに変化。

またHoldをOnにしているステップでは、Durationノブの値に関係なく、Durationが最大値に設定されます。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

Sequence Modeについて


このModeでは、シーケンスの作成、編集などが行えます。

赤枠のピアノロールは±2オクターブまで表示可能。

緑枠のカーソルをクリックして、ピアノロールやステップ表示をスクロールできます。

水色枠のように1ステップあたり最大で4つまでノートを記録できます。

ノートの記録、削除はマス目をクリックするだけ。

ステップを右クリックして表示されるドロップダウンメニューの赤枠部分から、ステップの挿入、削除を行えます。

また、赤枠をクリックしてRecにすれば、直接、ノートを入力することも可能。

この時、一番最初に入力されたノートがピアノロールの0に割り当てられ、基準となります。

さらにLayerの設定がPolyかMonoかによって、以下のような違いがあります。

Poly記録できるノートは1ステップあたり最大4つまで
Mono一度に記録できるノートは1ステップあたり1つだけ

緑枠のように、今回はステップ数を8にしていますが、入力中にこのステップ数を超えても、最大で32ステップまで自動的にステップが追加されます。

録音が終われば、再度、赤枠をクリックしてRec解除。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

Drum Kit Mode

このModeではドラムパターンを作成できます。

赤枠に各キット名が表示されています。

緑枠で表示のスクロールですね。

ここで使用するドラムキットはSynthMasterのデータフォルダ内でテキストファイルとして定義されています。

ただ、この定義ファイルではサンプルを参照していないため、WAVなどのサンプルをSFZファイルとして読み込む必要があります。

クマ殿
クマ殿
よかろうもん!美人と馬刺しと赤牛丼。くりぃむしちゅーにスザンヌや!
マルチシャンシャン
マルチシャンシャン
Oh!Anatawa Kumamoto Kankou Taishi Desuka?

ちゅうわけで、やっとSynthMasterの記事、完結です。

もしかしたら解説がわかりにくい部分もあったかもしれないけど、大体はわかってもらえたんじゃないかと。

これからもこっち系の記事を書いていくつもりなので、よろしゅうお願いします。

そんな感じー、ばいちゃばいちゃー。

SynthMasterのご購入はこちら

Audio Plugins from Pluginboutique.com
SynthMasterの使い方①【KV331 Audio】SynthMasterの使い方を知りたいですか?この記事ではSynthMasterの使い方(Preset、Settingの変更、MIDI Learnの設定)を詳しく解説しています。この記事と続編記事を読んでSynthMasterの使い方をマスターしましょう。...
SynthMasterの使い方②【KV331 Audio】SynthMasterの使い方を知りたいですか?この記事ではSynthMasterの使い方(Modulationの設定、Easy Parameterへの割り当て)を詳しく解説しています。この記事と関連記事を読んでSynthMasterの使い方をマスターしましょう。...
SynthMasterの使い方③【KV331 Audio】SynthMasterの使い方を知りたいですか?この記事ではSynthMasterの使い方(Layer画面、Routing設定)を詳しく解説しています。この記事と関連記事を読んでSynthMasterの使い方をマスターしましょう。...
SynthMasterの使い方④【KV331 Audio】SynthMasterの使い方を知りたいですか?この記事ではSynthMasterの使い方(Oscillator設定、Modulator設定)を詳しく解説しています。この記事と関連記事を読んでSynthMasterの使い方をマスターしましょう。...
SynthMasterの使い方⑤【KV331 Audio】SynthMasterの使い方を知りたいですか?この記事ではSynthMasterの使い方(Filter、Modulation Source)を詳しく解説しています。この記事と関連記事を読んでSynthMasterの使い方をマスターしましょう。...
SynthMasterの使い方⑥【KV331 Audio】SynthMasterの使い方を知りたいですか?この記事ではSynthMasterの使い方(Effectについて)を詳しく解説しています。この記事と関連記事を読んでSynthMasterの使い方をマスターしましょう。...