DTM

Volcano2の使い方【FabFilter】

Fabfilter Volcano2は高性能なデジタルフィルタープラグイン。

今回はVolcano2の使い方を解説していきます。

Volcano2の使い方

基本的な使い方


赤枠はRedo、Undo、そしてA、B二つのセッティングを切り替えるボタン。Copyボタンを押すと現在表示している方(例:A)の設定をもう一方(例:B)にコピーできます。

緑枠はプリセット一覧で、Save asからVolcano2の全セッティングをプリセットとして保存することも可能。

緑枠内の左右にある三角マークを押すとプリセットを順番に試すこともできます。


赤枠をクリックすると、Volcano2の各パラメーターとMIDIコントローラーを関連付けるモードに入ります。

緑枠からは各パラメーターとMIDIコントローラーを関連付けるモードに入ります。

Enable MIDI MIDIコントロールのON・OFF
Clear MIDIマッピングの個別・全削除
Revert 最後に保存されたMIDIマッピングの状態に戻す
Save 現在のMIDI設定を保存

水色枠をクリックしてOnにすると、オーディオシグナルの入力がない時のフィルターによるハウリングを防止できます。

黄色枠をクリックすると、Output、Input、Side Chainから選択したシグナルを試聴できます。


赤枠内の数字を上下にドラッグすることで、Input Gain、Output Gainを調整することができます。また赤枠をクリックすると上部にノブが出てきます。

緑枠内のノブは左がInput、右がOutputに関するもの。内側のノブでLevel、外側のノブでPanを調整可能。

水色枠内の数字も上下ドラッグによってDry/Wetの比率を調整できます。

もちろんノブでも同様の調整が可能。

FabFilter Essentials Bundle

赤枠内の番号をクリックして、フィルターを選択します。

もう一度クリックすると、そのフィルターをバイパス可能。

+ボタンをクリックすると、最大4つまでフィルターを追加できます。

緑枠のノブ、外側ノブでPan、内側でフィルター周波数を調整します。

Panノブによって、左右のチャンネルを個別にフィルタリング可能。

水色枠のノブではレゾナンスの調整を行います。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com


赤枠ではフィルター特性を次から選択。

言葉での説明じゃよく分からないと思いますが、とりあえず。

FabFilter One FabFilter One(シンセサイザー)のもの
Smooth スムーズな特性
Raw オーバードライブを備えたもの
Hard 適度に歪む
Hollow 歪みは中程度で低域が強調
Extreme 極端でワイルドな感じ
Gentle よりスムーズでクリーンな特性
Tube 暖かみのある特性
Metal シャープでラフな感じ
Easy Going Tubeをソフトにしたような特性
Clean クリッピングと歪みがない

緑枠からはフィルターの種類(LP、HP、BP)とスロープ(12、24、48)を変更します。

水色枠のノブでは、サウンドにDelayをかけることができます。

赤枠からはフィルター設定のPreset読み込み、保存ができます。

緑枠をクリックすると、そのフィルターを削除可能。

水色矢印のように番号を直接ドラッグして調整も可能、むしろこれが普通の使い方。

FabFilter Mastering Bundle

赤枠のマークをクリックして明転させた後、緑矢印部分にマウスカーソルを持っていくと同様のマークが出現するので、それをクリック。

すると2つのフィルターがリンクされ、赤枠のようなマークが出現します。

このマークをドラッグすると、2つのフィルターを同時に調整可能。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

Routing


まず赤枠から基本となるRouting設定を選択。

ステレオ L、R共に全てのフィルターを通過
L/R L、Rが別々のフィルターを通過
M/S Mid、Sideが別々のフィルターを通過後、L、Rへ再統合

次に緑枠をクリック。


すると赤枠に詳細なRoutingが表示されるので、選択します。

FabFilter Pro Bundle

Modulation

赤枠をクリックすると下部にスペースが広がり、緑枠内の+ボタンをクリックすることでモジュレーションソースを選択する画面が出てきます。


赤枠の+ボタンをクリックしていくと、さらにモジュレーションソースを追加していくことができます。

緑枠内の+ボタンをクリックするか、あるいは丸いボタンから緑矢印のようにモジュレーションターゲットまでドラッグ&ドロップすることによって、モジュレーションターゲットを設定。

モジュレーションターゲットは複数設定することができ、モジュレーションターゲット名を水色矢印のように上下にドラッグすることで、モジュレーション量を調整できます。

また水色枠内の±ボタンをクリックすると、モジュレーション信号を反転することができます。

黄色枠の三角マークをクリックするか、黄色矢印の先にある四角い枠をドラッグすると、画面がスクロールして使用しているモジュレーションソースを一覧可能。

ピンク枠の×ボタンをクリックすると、モジュレーションソース、モジュレーションターゲットを削除できます。

各モジュレーションソースの詳細については以下の記事を参照してください。

Saturnの使い方【FabFilter】Fabfilter Saturnの使い方を知りたいですか?この記事ではFabfilter Saturnの使い方を詳しく解説しています。この記事を読んで使い方をマスターしましょう。...

FabFilter Total Bundle

Volcano2

Music Software Bundles from Pluginboutique.com
Pro-Q3の使い方【FabFilter】FabFilter Pro-Q3の使い方を知りたいですか?この記事ではPro-Q3の使い方を解説しています。英語マニュアルが苦手な方は本記事を読んでPro-Q3を使いこなしましょう。...
Saturnの使い方【FabFilter】Fabfilter Saturnの使い方を知りたいですか?この記事ではFabfilter Saturnの使い方を詳しく解説しています。この記事を読んで使い方をマスターしましょう。...
Pro-C2の使い方【FabFilter】Fabfilter Pro-C2の使い方を知りたいですか?この記事ではFabfilter Pro-C2の使い方を詳しく解説しています。この記事を読んで使い方をマスターしましょう。...
Pro-L2の使い方【FabFilter】FabFilter Pro-L2の使い方を知りたいですか?この記事ではFabfilter Pro-L2の使い方を詳しく解説しています。この記事を読んでPro-L2を使いこなしましょう。...
Pro-Rの使い方【FabFilter】FabFilter Pro-Rの使い方を知りたいですか?この記事ではPro-Rの使い方を詳しく解説しています。この記事を読んでPro-Rの使い方をマスターしましょう。...
Pro-MBの使い方【FabFilter】FabFilter Pro-MBの使い方を知りたいですか?この記事ではPro-MBの使い方を詳細に解説しています。記事を読んでPro-MBの使い方をマスターしましょう。...
Simplonの使い方【FabFilter】FabFilter Simplonの使い方を知りたいですか?この記事ではSimplonの使い方を解説しています。英語マニュアルが苦手な方は本記事を読んSimplonを使いこなしましょう。...