DTM

Volcano2の使い方【FabFilter】

Fabfilter Volcano2は高性能なデジタルフィルタープラグイン。

今回はVolcano2の使い方を解説していきます。

Volcano2の使い方

基本的な使い方


赤枠はRedo、Undo、そしてA、B二つのセッティングを切り替えるボタン。Copyボタンを押すと現在表示している方(例:A)の設定をもう一方(例:B)にコピーできます。

緑枠はプリセット一覧で、Save asからVolcano2の全セッティングをプリセットとして保存することも可能。

緑枠内の左右にある三角マークを押すとプリセットを順番に試すこともできます。


赤枠をクリックすると、Volcano2の各パラメーターとMIDIコントローラーを関連付けるモードに入ります。

緑枠からは各パラメーターとMIDIコントローラーを関連付けるモードに入ります。

Enable MIDIMIDIコントロールのON・OFF
ClearMIDIマッピングの個別・全削除
Revert最後に保存されたMIDIマッピングの状態に戻す
Save現在のMIDI設定を保存

水色枠をクリックしてOnにすると、オーディオシグナルの入力がない時のフィルターによるハウリングを防止できます。

黄色枠をクリックすると、Output、Input、Side Chainから選択したシグナルを試聴できます。


赤枠内の数字を上下にドラッグすることで、Input Gain、Output Gainを調整することができます。また赤枠をクリックすると上部にノブが出てきます。

緑枠内のノブは左がInput、右がOutputに関するもの。内側のノブでLevel、外側のノブでPanを調整可能。

水色枠内の数字も上下ドラッグによってDry/Wetの比率を調整できます。

もちろんノブでも同様の調整が可能。

FabFilter Essentials Bundle

赤枠内の番号をクリックして、フィルターを選択します。

もう一度クリックすると、そのフィルターをバイパス可能。

+ボタンをクリックすると、最大4つまでフィルターを追加できます。

緑枠のノブ、外側ノブでPan、内側でフィルター周波数を調整します。

Panノブによって、左右のチャンネルを個別にフィルタリング可能。

水色枠のノブではレゾナンスの調整を行います。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com


赤枠ではフィルター特性を次から選択。

言葉での説明じゃよく分からないと思いますが、とりあえず。

FabFilter OneFabFilter One(シンセサイザー)のもの
Smoothスムーズな特性
Rawオーバードライブを備えたもの
Hard適度に歪む
Hollow歪みは中程度で低域が強調
Extreme極端でワイルドな感じ
Gentleよりスムーズでクリーンな特性
Tube暖かみのある特性
Metalシャープでラフな感じ
Easy GoingTubeをソフトにしたような特性
Cleanクリッピングと歪みがない

緑枠からはフィルターの種類(LP、HP、BP)とスロープ(12、24、48)を変更します。

水色枠のノブでは、サウンドにDelayをかけることができます。

赤枠からはフィルター設定のPreset読み込み、保存ができます。

緑枠をクリックすると、そのフィルターを削除可能。

水色矢印のように番号を直接ドラッグして調整も可能、むしろこれが普通の使い方。

FabFilter Mastering Bundle

赤枠のマークをクリックして明転させた後、緑矢印部分にマウスカーソルを持っていくと同様のマークが出現するので、それをクリック。

すると2つのフィルターがリンクされ、赤枠のようなマークが出現します。

このマークをドラッグすると、2つのフィルターを同時に調整可能。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

Routing


まず赤枠から基本となるRouting設定を選択。

ステレオL、R共に全てのフィルターを通過
L/RL、Rが別々のフィルターを通過
M/SMid、Sideが別々のフィルターを通過後、L、Rへ再統合

次に緑枠をクリック。


すると赤枠に詳細なRoutingが表示されるので、選択します。

FabFilter Pro Bundle

Modulation

赤枠をクリックすると下部にスペースが広がり、緑枠内の+ボタンをクリックすることでモジュレーションソースを選択する画面が出てきます。


赤枠の+ボタンをクリックしていくと、さらにモジュレーションソースを追加していくことができます。

緑枠内の+ボタンをクリックするか、あるいは丸いボタンから緑矢印のようにモジュレーションターゲットまでドラッグ&ドロップすることによって、モジュレーションターゲットを設定。

モジュレーションターゲットは複数設定することができ、モジュレーションターゲット名を水色矢印のように上下にドラッグすることで、モジュレーション量を調整できます。

また水色枠内の±ボタンをクリックすると、モジュレーション信号を反転することができます。

黄色枠の三角マークをクリックするか、黄色矢印の先にある四角い枠をドラッグすると、画面がスクロールして使用しているモジュレーションソースを一覧可能。

ピンク枠の×ボタンをクリックすると、モジュレーションソース、モジュレーションターゲットを削除できます。

各モジュレーションソースの詳細については以下の記事を参照してください。

Saturnの使い方【FabFilter】Fabfilter Saturnの使い方を知りたいですか?この記事ではFabfilter Saturnの使い方を詳しく解説しています。この記事を読んで使い方をマスターしましょう。...

FabFilter Total Bundle

Volcano2

Music Software Bundles from Pluginboutique.com
Pro-Q3の使い方【FabFilter】FabFilter Pro-Q3の使い方を知りたいですか?この記事ではPro-Q3の使い方を解説しています。英語マニュアルが苦手な方は本記事を読んでPro-Q3を使いこなしましょう。...
Saturnの使い方【FabFilter】Fabfilter Saturnの使い方を知りたいですか?この記事ではFabfilter Saturnの使い方を詳しく解説しています。この記事を読んで使い方をマスターしましょう。...
Pro-C2の使い方【FabFilter】Fabfilter Pro-C2の使い方を知りたいですか?この記事ではFabfilter Pro-C2の使い方を詳しく解説しています。この記事を読んで使い方をマスターしましょう。...
Pro-L2の使い方【FabFilter】FabFilter Pro-L2の使い方を知りたいですか?この記事ではFabfilter Pro-L2の使い方を詳しく解説しています。この記事を読んでPro-L2を使いこなしましょう。...
Pro-Rの使い方【FabFilter】FabFilter Pro-Rの使い方を知りたいですか?この記事ではPro-Rの使い方を詳しく解説しています。この記事を読んでPro-Rの使い方をマスターしましょう。...
Pro-MBの使い方【FabFilter】FabFilter Pro-MBの使い方を知りたいですか?この記事ではPro-MBの使い方を詳細に解説しています。記事を読んでPro-MBの使い方をマスターしましょう。...
Simplonの使い方【FabFilter】FabFilter Simplonの使い方を知りたいですか?この記事ではSimplonの使い方を解説しています。英語マニュアルが苦手な方は本記事を読んSimplonを使いこなしましょう。...