Avengerの使い方【Vengeance】

【Vengeance】Avengerの使い方⑧(エディター・アルペジエーター)

こんにちは、クマ殿(@kuma_dono)です。

前回に引き続きAvengerについての解説を続けていきます。

この記事ではAvengerのEditor、アルペジエーターについて解説します。

Avengerの使い方⑧

EDITOR

赤枠をクリックしてEDITORを選択。

緑枠からはPresetの選択や保存などができます。

水色枠でEditorモードを選択。

FREE 自由にFFTラインを描画できる
HARMONIC 倍音関係にある周波数帯をグループ化して垂直バーとして表示、バー下部の文字の意味は次の通り(0:基音, 1:1オクターブ上, 7th:5度上, 2:2オクターブ上)
BIN 信号を256個のデータとして垂直バーで表示

黄色枠をクリックしてSweepモードを選択。

LPF/HPF sweep disabled FilterによってSweepが制限される
LPF/HPF sweep enabled Sweepに伴ってFilterのCut Off値も変化

ピンク枠のノブを使用して、Editorで描いたラインを周波数スペクトラムに適用する程度を設定。

赤枠内、FLIPノブを回すほどEditorで描いたラインが上下逆になっていきます。

そしてLPF、HPFのCut Off、SLOPEノブでFilterスロープも変更可能。

緑枠ではEditorラインのランダム化とリセット。

水色枠黄色枠でラインに揺れを与えることができます。

それぞれのノブで揺れの程度と速度を調整。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

ARP(アルペジエーター)

赤枠でARPを選択。

緑枠をクリックすると、最大で8個までArpモジュールを追加できます。

水色枠からはPresetの選択など。

黄色枠には4つのブロック(A,B,C,D)があり、それぞれにパターンを作成することができます、クリックで切り替え。


赤枠部分にある緑色の四角はノートがオクターブジャストの位置にあるということ。

これを上下にドラッグすることによって、オクターブ単位で移動できます。

逆に緑枠部分の黄色い四角は、ノートがオクターブジャストの位置からずれていることを表します。

緑矢印部分を上下にドラッグすることにより、ノートを半音単位で調整が可能。

水色矢印でグレー部分を上下ドラッグすると、Velocityの調整もできます。

黄色矢印のように端を左右にドラッグしてノートの長さ調整も可能。

On Line Music Courses from Pluginboutique.com

赤枠では、そのグループ全体のノートをオクターブ単位、あるいは半音単位で調整できます。

緑枠をクリックして点灯させると、全てのブロックを再生、消灯すると現在、選択しているブロックのみ再生。

水色枠をクリックして点灯させておくと、パターン再生中に次のパターンに移行すると、それに追従してディスプレイ表示も変わります。

黄色枠からは様々なオプション項目を実行可能。

ピンク枠をクリックすると、そのグループ全体のノートを左右にずらすことができます。

Loopmasters Sample Music Sale

赤枠でArpのOn、Off。

緑枠をクリックすると、Presetをロード中はロックをかけます。

水色枠でアルペジオをどのように展開するのかを選択。

また黄色枠からは、アルペジオが何オクターブ内で展開されるのか設定。

ピンク枠をクリックすると、音価(音の長さ)を変更することによりアルペジオの速さを調整できます。

オレンジ枠からはノートの固定機能を選択。

MODEがChordsあるいはPolyの場合、赤枠のボタンをクリックするとStrumのエディット画面になります。

各ステップ上下して設定し、強さはノブで調整。

緑枠は左からヒューマナイズ(人間っぽくズレを生じさせる)、スウィングを与えるSHUFFLE、ブロック間に無音部分を設定するGATE、そしてパターンの数を増減させるPAT.LENGTH。

水色枠では、ここで設定した入力ノートを元にアルペジエーターのVelocityが設定されます。

First Note 最初に押されたノートがVelocityを設定
Last Note 新しく押されたノート(最新)によってVelocityが設定
Each Note 演奏された各ノートが持っているVelocityを保持
Lowest Note 最も低い音程のノートがVelocityを設定

黄色枠ではアルペジオが有効になる範囲を設定。ここで設定した範囲外だとアルペジオは機能しません。

赤枠をクリックして、Chordsを選択するとコードモードになります。

これによって各ステップが単音からコード(和音)に変わりますが、基本的な使い方は同じ。

緑枠のコード名が表示されている部分をクリックすると、水色枠のようなウィンドウが表示され様々なコードを選択可能。

黄色枠からはオクターブシフトの設定。

赤矢印のようにブロックにカーソルを置いたままにしておくと、赤枠のようなウィンドウが表示されます。

ここから単一のノートを削除したりできます。

Bigroom & EDM Avenger Presets

Avenger Preset Pack: House & Techno

Avenger Preset Pack: Classic Drum & Bass

今回はここまで。

次回もこの続きでDrum SQの解説に入っていきます。

そんな感じー、ばいちゃー。

Avengerはこちら

【Vengeance】Avengerの使い方①(ブラウザ機能)VengeanceからリリースされているAvengerの使い方を知りたいですか?この記事ではAvengerのブラウザ機能を中心に解説しています。この記事を手始めにAvengerの使い方をマスターしていきましょう。...
【Vengeance】Avengerの使い方②(オシレーター)VengeanceからリリースされているAvengerの使い方を知りたいですか?この記事では主にAvengerのオシレーターについて解説しています。この記事を読んでAvengerの使い方をマスターしていきましょう。...
【Vengeance】Avengerの使い方③(ボイス・ルーティングパネル)VengeanceからリリースされているAvengerの使い方を知りたいですか?この記事では主にAvengerのVoice Panel、Routing Panelについて解説しています。この記事を読んでAvengerの使い方をマスターしていきましょう。...
【Vengeance】Avengerの使い方④(ドラムキット)VengeanceからリリースされているAvengerの使い方を知りたいですか?この記事では主にAvengerのDrum(ドラムキット)について解説しています。この記事を読んでAvengerの使い方をマスターしていきましょう。...
【Vengeance】Avengerの使い方⑤(アンプ・フィルター)VengeanceからリリースされているAvengerの使い方を知りたいですか?この記事ではAmp、Filterについて解説しています。この記事を読んでAvengerの使い方をマスターしていきましょう。...
【Vengeance】Avengerの使い方⑥(シェイパー・モジュレーション)VengeanceからリリースされているAvengerの使い方を知りたいですか?この記事ではShaper、Mod Matrixについて解説しています。この記事を読んでAvengerの使い方をマスターしていきましょう。...
【Vengeance】Avengerの使い方⑦(LFO)VengeanceからリリースされているAvengerの使い方を知りたいですか?この記事ではLFOについて解説しています。この記事を読んでAvengerの使い方をマスターしていきましょう。...
【Vengeance】Avengerの使い方⑨(ドラムSQ・ステップSQ)VengeanceからリリースされているAvengerの使い方を知りたいですか?この記事ではドラムシーケンサー、ステップシーケンサーについて解説しています。この記事を読んでAvengerの使い方をマスターしていきましょう。...
【Vengeance】Avengerの使い方⑩(ピッチモジュール)VengeanceからリリースされているAvengerの使い方を知りたいですか?この記事ではピッチモジュール、モジュレーションエンベロープ、ミキサー等について解説しています。この記事を読んでAvengerの使い方をマスターしていきましょう。...
【Vengeance】Avengerの使い方⑪(FX Section・Macro・MIDI Controller)VengeanceからリリースされているAvengerの使い方を知りたいですか?この記事ではFX Section、Macro、MIDI Controllerについて解説しています。この記事を読んでAvengerの使い方をマスターしていきましょう。...
On Line Music Courses from Pluginboutique.com