DTM

【Reveal Sound】Spireの使い方①(Preset, Oscillator, Unison, その他)

今回からReveal SoundからリリースされているSpireについて解説していきます。

この記事ではSpireのプリセット、オシレーター、ユニゾンなどについて解説していきます。

Spireの使い方①(Preset, Oscillator, Unison, その他)


赤枠をクリックすると、現在選択されているBank内からPresetを変更できます。

Preset名の左にある丸印をクリックすると名前の変更が可能。

緑枠からはBankのインポート、別のBankのロードができます。

水色枠をクリックするとメニュー画面が開き、黄色枠では設定の初期化が可能。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

赤枠ではポリフォニックモードを選択します。

mono1 Portamento Retrig モノラルで、ノートのたびにエンベロープがトリガーされる。次のノートが即座に鳴るのではなく徐々にグライドしていく
mono2 Legato Retrig モノラルで、ノートのたびにエンベロープがトリガーされる。2つのノートが同時に鳴っている時に1つ目から2つ目のノートへグライドする
mono3 Portamento Flow モノラルで、最初のノートに対してのみエンベロープがトリガーされる。次のノートが即座に鳴るのではなく徐々にグライドしていく
mono4 Legato Flow モノラルで、最初のノートに対してのみエンベロープがトリガーされる。2つのノートが同時に鳴っている時に1つ目から2つ目のノートへグライドする
poly1 Portamento ポリフォニックで、次のノートが即座に鳴るのではなく徐々にグライドしていく
poly2 Legato ポリフォニックで、2つのノートが同時に鳴っている時に1つ目から2つ目のノートへグライドする

緑枠ではVoice数(同時発音数)を設定(最大16Voice)。

水色枠をクリックした後、Spireのパラメーターをクリックし、MIDIコントローラーの割り当てたいノブで操作します。

黄色枠では4つあるオシレーターの各ボリュームを設定。

ピンク枠をクリックすると、そのオシレーターをMuteできます。

Audio Plugins from Pluginboutique.com

赤枠からどのオシレーターの設定をするのか選択します。

緑枠はオシレーター設定のコピー&ペースト。

水色枠ではオシレーターのピッチ設定を各単位で設定します。

黄色枠には、そのピッチ設定状況が表示されます。

ピンク枠からは波形を選択、オレンジ枠ではオシレーターモードを選択します。

Classic Saw波とパルス波をクロスフェードし、ミックスする
Noise ノイズを生成しフィルターで加工して使用
FM サイン波で任意の波形を変調して使用
AMSync オシレーターシンク(2つのオシレーターを同期させ複雑な波形を生成させる機能)と振幅変調を組み合わせて使用
SawPWM Saw波のパルス幅を変調して使用する
HardFM よりハーモニックなサウンド生成ができる位相変調モード
Vowel 母音サウンドをシミュレーションするモード
Pluginboutique - VST Plugins Buy Instruments Effects and Studio Tools

赤枠のノブは、オシレーターモードによって個別の機能が割り当てられています。

緑枠のノブでは波形の再スタート位置を設定。

緑矢印部分の縦線でそれが示されます。

水色枠のノブで選択した波形のMix量を設定します。

Audio Plugins from Pluginboutique.com

赤枠はユニゾンのVoice数(最大9Voice)設定。

緑枠のモード設定で音の重ね方を選択します。

水色枠はDetune設定。

黄色枠はdensityノブで、Densityとは”密度”という意味。

音の特長づけに使用します。

Music Plugin Deals at Pluginboutique.com

赤枠ではStereo幅を調整します。

緑枠はPan設定。

水色枠では、次のFilterセクションにあるFilter1, Filter2へ送るシグナルの比率を設定します。

ノブを左に回し切るとFilter1へのみ、右に回し切るとFilter2へのみにシグナルを送信。

黄色枠のANAをクリックして有効にすると、オシレーターがフリーランニング状態になります。

発音のたびにゼロ位置から波形が開始されないため、オシレーターのデジタル感を低減できます。

また、INVを有効にするとシグナルを反転出力、KEYを有効にするとオシレーター出力がノートピッチに追従。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

次回はFilterセクション以降を解説していきます。

Spireはこちら!

AZS Collider EDM for Spire

Pumped: Spire EDM Essentials

Pluginboutique - VST Plugins Buy Instruments Effects and Studio Tools
【Reveal Sound】Spireの使い方②(Filter, FX, Master Out, EQ)Reveal SoundからリリースされているSpireの使い方を知りたいですか?この記事ではSpireのフィルター、FX、マスターアウト、EQについて解説しています。この記事を手始めにSpireの使い方をマスターしていきましょう。...
【Reveal Sound】Spireの使い方③(Modulator前編)Reveal SoundからリリースされているSpireの使い方を知りたいですか?この記事ではSpireのフィルター、FX、マスターアウト、EQについて解説しています。この記事を手始めにSpireの使い方をマスターしていきましょう。...
【Reveal Sound】Spireの使い方④(Modulator後編)Reveal SoundからリリースされているSpireの使い方を知りたいですか?この記事ではSpireのStepper、Arpeggiatorについて解説しています。この記事を手始めにSpireの使い方をマスターしていきましょう。...