DTM

【Xfer Records】Serumの使い方⑦(Envelope, LFO, その他)

Xfer RecordsからリリースされているSerumの解説7回目。

この記事では、SerumのEnvelopeとLFO、Modulation・Macroコントロールなどについて解説していきます。

Serumの使い方⑦(Envelope, LFO, その他)

Envelope


赤枠がEnvelopeセクション。

緑枠のように3つのEnvelopeを設定可能。

クリックすると、それぞれのEnvelopeの設定画面が表示されます。

また右クリックをすると、割り当て先のバイパスや削除が可能。

ちなみに各Envelopeの右端の数字は、そのEnvelopeがいくつのパラメーターに割り当てられているのかというもの。

水色矢印のようにEnvelopeを設定したいパラメーターにドラッグ&ドロップして割り当てます。

最後に黄色枠を上下ドラッグして変調量を設定。

Music Plugin Deals at Pluginboutique.com

赤枠ではADSRとHoldを設定。

グラフを直接ドラッグして調整することも可能です。

緑枠をクリックしてOnにすると、Envelope波形の開始と終了がビューワーの端に固定された表示になります。

Offにすると黄色枠が有効になり、上下ドラッグで自由にズーム倍率を設定可能。

Pluginboutique - VST Plugins Buy Instruments Effects and Studio Tools

LFO

赤枠がLFOセクション。

緑枠のように4つのLFOをが表示されていますが、LFO4を使用していればさらに追加され最大で8つまで使用可能。

割り当て方法など基本的な扱いはEnvelopeと同じです。

水色枠では、LFO波形のプリセット読み込み、保存が可能。

黄色枠からは、グラフエリアのグリッドサイズを変更できます。

波形の上でダブルクリックすると、編集ポイントの追加、削除が可能。

ピンク枠ではノートに対して、どうLFOが動作するのかを選択します。

TRIG ノートのたびにLFOを再トリガーする
ENV LFOはグラフの右端まで行くと停止(一度のみ再生)
OFF ノートに関わらずLFOが作動(ノートにトリガーされない)
Pluginboutique - VST Plugins Buy Instruments Effects and Studio Tools

赤枠では、LFOの時間的なふるまいに関する設定をします。

BPM OnにするとBPMに同期した動作をする
ANCH BPMがOnの状態でこれをOnにすると、RATEノブで設定した拍に合わせてLFOが再生されます
TRIP BPMがOnの状態でこれをOnにすると、三連符でも時間制御可能になります
DOT BPMがOnの状態でこれをOnにすると、付点音符でも時間制御可能になります

緑枠では、RATEノブでLFOの再生速度、RISEノブでLFO波形が実際のサウンドに影響を与えるまでの時間(反応の緩やかさ)を設定。

またDELAYノブで設定した値だけLFO波形が遅れて作動します。

水色枠のSMOOTHノブでLFOの出力をスムーズにします。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

Modulation・Macroコントロール

赤枠はMIDIキーボードなどのモジュレーションホイールで操作するパラメーターを割り当てるためのもの。

赤矢印のようにドラッグ&ドロップで操作したいものに割り当てる(複数可)と、モジュレーションホイールで操作できるようになります。

緑枠はMacroコントロール。

これも緑矢印のように操作したいパラメーターにドラッグ&ドロップで割り当てます。

ただし、操作は緑枠内のノブで行います。

水色枠をダブルクリックすることで、名前の編集も可能。

Pluginboutique - VST Plugins Buy Instruments Effects and Studio Tools

Velocity Source, Note # Source

赤枠部分をVelocityやNote Numberを好みに調整したいパラメーターにドラッグ&ドロップ。

緑枠のグラフ領域でそれらを調整していきます。

Pluginboutique - VST Plugins Buy Instruments Effects and Studio Tools

Voicing


赤枠では同時に再生できるサウンドの設定などを行います。

緑枠のMONOクリックしてOnにすると、一度に再生できるサウンドが一つだけになります。

またLEGATOをOnにすると、サウンドから次のサウンドへスムーズに移行。

水色枠では同時に再生できるサウンドの数を設定します。

黄色枠は1つのボイスで可能な再生数のうち、現在いくつが再生されているかを表示します。

Music Plugin Deals at Pluginboutique.com

これでSerumの解説は完了しました。

Serumのご購入はこちら!

Serum Dance Essentials

Synthwave – Serum Presets

Music Software Bundles from Pluginboutique.com
【Xfer Records】Serumの使い方①(基本的な機能)Xfer RecordsからリリースされているSerumの使い方を知りたいですか?この記事ではSerumの基本的な機能について解説しています。この記事を手始めにSerumの使い方をマスターしていきましょう。...
【Xfer Records】Serumの使い方②(オシレーターセクション前編)Xfer RecordsからリリースされているSerumの使い方を知りたいですか?この記事ではSerumのオシレーターセクション(前編)について解説しています。この記事を手始めにSerumの使い方をマスターしていきましょう。...
【Xfer Records】Serumの使い方③(オシレーターセクション後編)Xfer RecordsからリリースされているSerumの使い方を知りたいですか?この記事ではSerumのオシレーターセクション(後編)について解説しています。この記事を手始めにSerumの使い方をマスターしていきましょう。...
【Xfer Records】Serumの使い方④(FX前編)Xfer RecordsからリリースされているSerumの使い方を知りたいですか?この記事ではSerumのFXについて基本的な部分を解説しています。この記事を手始めにSerumの使い方をマスターしていきましょう。...
【Xfer Records】Serumの使い方⑤(FX後編)Xfer RecordsからリリースされているSerumの使い方を知りたいですか?この記事ではSerumのFXセクションにおける各エフェクトについて解説しています。この記事を手始めにSerumの使い方をマスターしていきましょう。...
【Xfer Records】Serumの使い方⑥(Modulation Matrix, Global)Xfer RecordsからリリースされているSerumの使い方を知りたいですか?この記事ではSerumのModulation Matrix, Global画面について解説しています。この記事を手始めにSerumの使い方をマスターしていきましょう。...