DTM

EchoBoyの使い方②【Soundtoys】

前回に引き続き、EchoBoyの解説でっす。

EchoBoyの使い方②

赤枠をタップすると手動でテンポを設定できます。

緑枠をOffにすると、Echoは赤枠で設定したテンポに従うようになります。

これによりEchoをオングリッドから適度にずらして、より自然な感触を得ることが可能。

Onの状態では、着信MIDIクロックに従います。

水色枠はEchoにGroove感、ノリを与えるもの。

ShuffleとSwing、2つのテイストどちらかをノブで調整します。

黄色枠では、ノブを右に回すとプリディレイのようにEcho自体を遅らせることができます。

左に回すと、逆にEchoの発音タイミングを早めることが可能。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

赤枠からはEchoのSaturationをどの程度に設定するのかを決めます。

緑枠では、EchoBoyの入出力ゲインを調整。

水色枠からはEchoの種類を変更できます。

黄色枠をクリックすると、Style Editorを表示できます。

ではクリック。

Audio Plugins from Pluginboutique.com

すると赤枠のようなノブ類が表示されます。

このStyle Editorを使用すると、選択しているEcho Styleをさらに細かく設定可能。

緑枠は3バンドのEQ。

GAINノブでは最初のEchoのブースト、カットを行います。

そしてDECAYノブでは、後続のEchoリピートのトーン変化を調整。

黄色枠からはEchoの拡散について設定します。

AMOUNTノブで拡散の程度を設定。

SIZEノブでは拡散の特性を設定します。

ピンク枠では、このDiffusion機能をシグナルパスのどこに配置するのか設定。

POSTにするとシグナルパスの最終段階にDiffusionが挿入されます。

またROOPに切り替えると、フィードバックループ内に挿入され、フィードバックのたびに拡散が増幅されます。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

赤枠ではEchoに対して、ぐらぐらと揺れるような効果(Wobble)を与えることができます。

緑枠は、どの程度の深さでピッチを揺らすのか設定。

水色枠からは揺れの速さを設定します。

黄色枠では、ノブを左に回すと異なるEchoパス同士の揺れが徐々に非同期化。

逆に右に回すとステレオのLとRのピッチ変動が徐々に逆位相になっていきます。

つまりLがピッチアップすればRはピッチダウンするという感じ。

ピンク枠のFBスイッチを上に切り替えると、最初のEcho、フィードバックによって生じるEchoの両方にWobble機能が適用されます。

またOUTスイッチをOnにすると、Wobble機能がWetにのみ適用。

オレンジ枠からは揺れの形状(波形)を選択します。

Audio Plugins from Pluginboutique.com

赤枠ではSaturationの設定をより細かく行います。

ここの設定は、前述したメインパネルでのSaturation設定と関連して機能します。

緑枠はDecayにおけるSaturation、水色枠では出力に対するそれを設定。

黄色枠からはSaturationタイプを選定します。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

EchoBoy

Soundtoys 5 Plugin Bundle

Microshiftの使い方【Soundtoys】Soundtoys Microshiftの使い方を知りたいですか?この記事ではMicroshiftの使い方を解説しています。英語マニュアルが苦手な方は本記事を読んでMicroshiftの使い方を覚えましょう。...
Decapitatorの使い方【Soundtoys】Soundtoys Decapitatorの使い方を知りたいですか?この記事ではDecapitatorの使い方を解説しています。英語マニュアルが苦手な方は本記事を読んでDecapitatorの使い方を覚えましょう。...
Crystallizerの使い方【Soundtoys】Soundtoys Crystallizerの使い方を知りたいですか?この記事ではCrystallizerの使い方を解説しています。英語マニュアルが苦手な方は本記事を読んでCrystallizerの使い方を覚えましょう。...
EchoBoyの使い方①【Soundtoys】EchoBoyの使い方を知りたいですか?この記事ではEchoBoyの各モードについて解説しています。英語マニュアルが苦手な方は本記事を読んでEchoBoyの使い方を覚えましょう。...